インテリア情報発信局

家具・照明・インテリアコーディネート方法などを紹介します!

狭い部屋をおしゃれに広く見せるレイアウト!インテリアの配置編を紹介します!



こんにちわ(^^)


皆さんの部屋は広いですか?狭いですか?



広い部屋はスペースがある分、色々なインテリアを配置しても、

気にはならないと思いますが、問題は狭い部屋ですよね。



一人暮らしをされている方、都会に住まれてる方、

自分の部屋が狭い方。


ここに共通するお悩みが、部屋を広く見せたいと言う事ですよね・・・。


でも知っていました?


インテリアの配置などのレイアウトで、ちょっとしたコツをつかめば、

狭い部屋を広く、おしゃれに見せる事ができるんです。


そこで今回は、狭い部屋をおしゃれに広く見せるインテリアの配置など、

部屋のレイアウト方法を紹介したいと思います。


Sponsored Link



狭い部屋を広く見せるインテリアのレイアウト



狭く見える部屋の1つの特徴としてあげられるのは、

インテリアの配置です。


インテリアのレイアウトを変えるだけで、

全然部屋の狭さは解消されます。




導線を確保するインテリアのレイアウト



生活導線
参照元URL http://interior-coordinate.info/


まず、インテリアのレイアウトを決める時に考えるのが、「生活導線」です。

「生活導線」とは、人が生活する上で行動する時の動きを線で表したもので、

まず自分がどのような生活をして、部屋の中を行動してるかをイメージします。


これを考えるだけで、自分が行動する際にインテリアが邪魔になる事はありません。

ストレス無く、快適に過ごす事ができるようになります。


インテリアの配置では基本中の基本ですね!





視界が抜けるインテリアのレイアウト



結論から言うと、ドアや扉を開けた時に、

部屋の奥まで視界が通るインテリアの配置にします。

例えばこちら。

視界が抜けるインテリアのレイアウト
参照元URL http://www.gettyimages.co.jp/


上記で言う、生活導線もとれていて、

視野を遮るインテリアの配置にも気をつけていますね!


元々広そうな部屋ですが・・・笑


ただ、更に広く見えるのは私だけでしょうか?



もしこちらの部屋に大きな食器棚があるとします。

こちらです。


視界が抜けるインテリアのレイアウト2
参照元URL http://www.gettyimages.co.jp/


イメージつきますか??


生活導線が確保できていなくて、

視界が部屋の奥まで抜けてないレイアウトです。


線でしか書いていないですが、

少し部屋が狭くなりそうなイメージはできると思います。


Sponsored Link



インテリアの配置で目の錯覚を起こす



人間の目は錯覚を起こします。

その錯覚を利用した、インテリアの高さと配置方法ですが、

どのような配置にしたら、錯覚を起こすのでしょうか?


答えは・・・


入り口に背の高いインテリアを置いて、

奥にいけばいくほど、背の低いインテリアを配置する事
です。

大きい家具は手前の死角へ
参照元URL http://image.search.yahoo.co.jp/


少しこちらの画像じゃわかりにくいかもですが、

人間の目は遠近法という錯覚がおきます。



死角部分に背の高いインテリアを置く事で、そこまで視界に入らず、

だんだんと小さいインテリアを配置する事で

奥行きが感じるように見えるのです。


人間の錯覚を利用した、インテリアのレイアウトですね!


これで人の目で見た時に狭い部屋が広く見えるようになります。





同じ高さのインテリアを揃える



同じ高さのインテリアを揃える
参照元URL http://www.karimoku.co.jp/


題名でだいたい答えていますが・・・笑


同じ高さのインテリアがありましたら、必ず揃える事です!

でこぼこにしてしまうと、空間を無駄に使っていますので狭く見えるものです。


全部のインテリアとなると、物理的に不可能なので、

揃えれるインテリアがあれば揃えて配置する事をおすすめします。





片側の壁に並べ、L字の部分で配置



L字部
参照元URL http://diary.hankyurealty.jp/


狭い部屋の場合片側の壁には、

あまりインテリアを配置させない事
をおすすめします。


どの部分を基本的に使うのか・・・


それは部屋のL字部分をうまく使ってインテリアを配置します。





インテリアを配置した後の残るスペース



配置し終わったスペースは正方形
参照元URL http://nanapi.jp/71266/


インテリアを配置したら、残ったスペースを一度確認してみましょう。

基本的に長方形より正方形の方が人は広く感じるものです。


できるだけ、インテリアを配置し終わった後のスペースが、

「正方形」になるように工夫して配置
した方がよさそうです。



今回の記事は下記と合わせてご覧ください。

(関連記事)

狭い部屋をおしゃれに広く見せるレイアウト!インテリアの色の使い方編を紹介します!

狭い部屋をおしゃれに広く見せるレイアウト!インテリアの選び方編を紹介します!



いかがでしたでしょうか?


今回は狭い部屋をおしゃれに広く見せるレイアウトの方法で、

インテリアの配置編でしたが、

なんとなくイメージは掴めたでしょうか?


インテリアの配置だけで言うと、

ここのポイントを抑えてるか、抑えていないかで

全然、部屋の見え方が違います。


是非参考にしてみてくださいね!

Sponsored Link




最後まで読んで頂きありがとうございました。
最後にポチッとお願いします(^^)

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
ブログパーツ